プロテオグリカンって何?

プロテオグリカンって何?

プロテオグリカンとは聞いたことがありますか?
少し難しい名前ですよね・・・。

 

プロテオグリカンは化粧品や健康食品でも使用されている成分です。

 

プロテオグリカンは昔に発見されていましたが、
1g3,000万円もするとても高価な成分だった為、
研究も進まず普及が難しい成分でした。

 

最近になって、プロテオグリカンは鮭の氷頭(ひず)から摂れと発見され、
抽出方法も改良され安く手に入る成分となりました。

 

安価に使用できるようになってから研究が重ねられて、
様々な効果が発見され、美容や健康において注目の成分です。
関節の間にある軟骨に含まれており、衝撃を和らげる働きも担っています。

プロテオグリカンの主な成分は?

プロテオグリカンはたんぱく質と糖が一緒になった糖たんぱく質のひとつです。

 

どんな成分が合体してできているかというと、

 

  • コアタンパク質
  • コンドロイチン硫酸
  • ケラタン硫酸
  • グリコサミノグリカン

 

などのたんぱく質と多糖が合体してできています。

 

プロテオグリカンにも軟骨に存在するプロテオグリカンと
肌組織内にあるプロテオグリカンなど複数の種類が存在しています。

プロテオグリカンの効果や効能は?

プロテオグリカンとは一体どんな効果や効能が期待できるのでしょうか?

 

肌の弾力アップ

プロテオグリカンは水との馴染みが高く保水力が高い成分です。
水を多く含むことができるので肌に弾力を与える効果が期待されます。

 

また、プロテオグリカンにはヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させる働きがあります。
ヒアルロン酸も保水力の高い成分で潤いを保持します。

 

肌の構造の表皮、真皮、皮下組織とありますが、
コラーゲンは真皮に存在する成分たんぱく質の一種です。

 

エラスチン、コラーゲン、繊維芽細胞、基質により真皮は構成されており
お肌のハリが生まれています。

 

 

炎症を抑える

プロテオグリカンには炎症を抑える働きが期待できます。

 

プロテオグリカンは炎症を抑制するたんぱく質の分泌を促す働きがあり、
炎症を抑えてくれる作用が期待できます。

 

また、活性酸素の働きを抑制するので、肌の老化を防ぐ効果も期待できます。

 

 

生活習慣病の予防

プロテオグリカンには生活習慣病である糖尿病や肥満を予防する作用があります。
研究でも検証されており、血糖値が急激に上がるのを抑える働きがあります。

 

 

変形性関節症を和らげる

変形性関節症の症状を和らげる効果が期待できます。
プロテオグリカンは関節と関節の間にある軟骨に含まれる成分です。
年齢が進むと軟骨が減ってしまい関節を動かすと痛みなどの症状が
発症してしまします。

 

プロテオグリカンには軟骨の細胞を増やす働きがあり
軟骨を復活させて変形性関節症の痛みを軽減する働きが期待できます。

栄養豊富なプロテオグリカンで潤いキープ

健康にも美容にも効果が期待できるプロテオグリカンはすごいですね。
年齢とともに体内のヒアルロン酸や潤いプロテオグリカンが作られるスピードは減少してしまうので、
少しでも作られるスピードを助けたり、潤いの成分を補ってあげましょう。

 

補っているのと補っていないのでガ数年後や数十年後に大きな差がでるかもしれないので、
今きづいた時にケアを始めましょう!